看護師がスキルアップするための関連資格ナビ

MENU
2014/09/19 12:14:19 |

現在国を挙げて禁煙の取り組みが進められています。厚生労働省などは、たばこはがんや脳卒中、心筋梗塞、慢性気管支炎、肺気腫などの発症リスクを高めるということで注意喚起を行っています。近影社会の実現や禁煙研究の振興などを行っている日本禁煙科学学会という所もあります。

 

この日本禁煙化学学会では、禁煙支援士という資格の認定を行っています。それまでは禁煙支援者という呼び名の資格でしたが、2012年にリニューアルされて現在の呼び名に変更されています。嫌煙の啓発や禁煙したくてもできない人のためのサポート業務、喫煙を防止するための教育などを担当します。

 

総合病院や大学病院の中には、専門外来を設置している所も増えてきています。その中には、禁煙外来といってタバコをやめたくてもやめられない人の治療を行っている所もあります。禁煙治療を専門的に行っている所では、禁煙支援士のようなタバコに対する専門的な知識を持っている人へのニーズもかなり高いです。

 

また、近年では禁煙を推進している企業もあり、そこで働く産業看護師にとっても有益な資格といえます。

 

参考URL:http://xn--gmqpgy16bm3kvndj7uvw7a.net/

2014/08/29 13:09:29 |

看護師がスキルアップするためには、上級資格を取得するのも一つのアプローチの方法としてありです。上級資格の中の一つに、認定看護師があります。認定看護師とは、特定の分野において熟練したスキルや知識を持っていて、より高度な看護サービスの提供できる看護師に対して与えられる資格です。

 

がん化学療法やガン性疼痛、感染管理、緩和ケアといった21の分野にわたって認定看護師の資格が与えられています。認定看護師の資格を取得すると、待遇のアップする可能性があります。また現場の責任者として、後輩の看護師の相談相手になるなどより重要な地位で仕事できます。

 

認定看護師になるためには、看護師の実務経験が3年以上あって、専門の教育機関で6か月以上のカリキュラムを修了する必要があります。その上で毎年1回実施される日本看護協会の主催する認定看護師認定審査に合格すると認定看護師になれます。認定証が交付されます。また認定看護師になっても、5年ごとに更新審査を受ける必要があります。

2014/08/29 13:09:29 |

看護師がスキルアップするための関連資格は、いろいろとあります。その中でもあまり聞きなれない資格に、弾性ストッキング・コンダクターがあります。弾性ストッキング・コンダクターは、余計な血液やリンパ液がたまらないようにするために弾力性に優れたストッキングをはいてもらって、適度な圧力を与える治療法です。

 

この治療法は、適切に着用できていること、さらに着用した後に体に異変が生じていないかどうか観察する必要があります。弾性ストッキング・コンダクターの資格を持った看護師は、弾性ストッキングの使用法を正しく理解していることを日本静脈学会総会で認定されていることになります。

 

弾性ストッキング・コンダクターになったら、患者に着用の必要性や装着方法を正しく理解してもらうように説明をしないといけません。またあまり聞きなれない治療法なので、患者で疑問を感じる人もいるでしょう。そのような人の疑問に丁寧に答えることも求められます。

2014/08/29 13:09:29 |

看護師の中でスキルアップしたいのであれば、体外受精コーディネーターの資格取得をする方法もあります。最近では不妊治療を行う夫婦も増えてきています。不妊症に悩むカップルの精神的な支えとして重要な役割が果たせます。

 

体外受精コーディネーターとは、日本不妊カウンセリング学会というNPO法人が主催する認定資格です。卵子や精子、受精卵を直接扱う治療法のアレンジや不妊に悩むカップルのカウンセリングなどを行います。不妊治療をどのようにして行うかということを説明するのも重要な仕事です。

 

2014年現在体外受精コーディネーターの資格保有者は、日本全国で400人程度です。逆に言えば今の時点で資格を取得していると、転職するときに大きな売りになる資格といえます。体外受精コーディネーターが活躍する職場としては、やはり産婦人科のクリニックや病院などになります。また最近では、不妊治療を専門的に行っている医療機関も出てきています。

2014/08/29 13:09:29 |

看護師の中にはスキルアップをしてより専門性の高い所で活躍していきたいと思っている人もいるでしょう。そのような人は、専門看護師の資格を取得してみるといいでしょう。1996年に設定された資格で、さまざまな分野のより専門的な知識やスキルを持った看護師に対して認定している資格です。2014年現在で、約1000人程度の専門看護師が活躍しています。

 

看護系の大学院の修士課程を修了している人が資格対象です。その上で、日本看護系大学協議会の定める専門の教育機関で、26単位の専門看護分野所定のカリキュラムを修了する必要があります。そして日本看護協会の主催する専門看護師認定試験に合格しないといけません。

 

しばらくの間学業に専念しないといけないので、現場を離れざるを得なくなる可能性があります。このような現場を離れることに理解のある医療機関がどうかを転職する際にはチェックしてください。専門看護師の取得に積極的な医療機関もあります。

2014/08/29 13:09:29 |

今後日本ではますます高齢化社会が進むと予想されています。その中でも重大な問題となってくる可能性の高いのは、認知症に対するケアです。認知症に関する専門的なケアのスキルを持っている看護師は、今後需要がますます高まってくるでしょう。もし高齢者ケアに対して興味を持っていて、スキルアップしたいと思っているのであれば、認知症ケア専門士の資格を取得してみるのはいかがでしょうか?

 

認知症ケア専門士とは、日本認知症ケア学会という一般社団法人が認定している資格で、認知症ケア技術にとって、保健や福祉の分野に貢献することを目的にした資格です。具体的な介護の他にも、介護をしている家族の相談に乗るなど幅広い業務をこなす必要があります。

 

現在は介護福祉士やケアマネージャーといった介護の世界で活躍している人が、認知症ケア専門士の資格を取得する傾向があります。しかし看護師の間でも徐々に資格を取得する人が増加傾向にあるといえます。